忍者ブログ
浮かんだストーリーとか。絵とか。日常とか。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

日曜日、特にすることもなく暇だったので久しぶりに街をぶらぶらしに行きました。

独りで歩く街は他の誰かと一緒に見て歩く時と違い、新鮮でした。

歩いていると色んなタイプの人がいます。スカートを履いた男の子、どっから風が吹いてそうなったのか理解に苦しむ髪型の女の子、たまにこうやって街に出てくるのも結構楽しいなぁなんて思いながら歩いていると

「すいまっせぇーん、今ですねーハンドマッサージ100円でやってるんですよぉ、お客さまもいかがですかぁー」

と、従業員らしき女の人に声をかけられました。ハンドマッサージ100円でやってくれるなんてなんて素敵なお話なんでしょう。

「あーお願いしまーす」

『安い』という思いだけが頭を支配した私は言われるがままに店内へ。

 

先ほど勧誘してきた女の人と一緒に席に座り

「それじゃぁよろしくおねがいしまーす」

と言ったかと思うとラベンダーの香りのするオイルを私の手に塗り、マッサージを始めました。

マッサージはとても気持ちがよく

「うわぁー気持ちいですねぇ」

と、思わず言葉に出してしまいました。するとその女性は

「ですよねー私も他の子にしてもらったりするんですよー、今ですねー、ここの別店舗でエステとかもやっててー今ならめっちゃ安い値段でマッサージとかもしてくれるんですよーお客様エステとか興味ありますー?」

と早口で話しだしました。

 

うまい話には裏がある、ふふふ。きっとこのお店は100円でハンドマッサージというキャッチフレーズを餌に(主に私の様な)おなごをおびき出し最終的にはエステ店の会員にするつもりなのね……

 

どうやって断ろうかと頭をフル回転しながら「はー」とか「へー」とか言いながら話を聞く私。(あーきっとこの子ノルマとかあるんだろうなー、断ったらまた一からやり直しなんだろうなー、かわいそうだなーでもエステなんて金かかるし通えねーよーどうやって断ろー)なんて思いながらふっと顔をあげ、その女性の顔を見ました。

 

えと

 

なんか

 

鼻毛出てた。

 

なんかね

「おすすめですよー、自分へのご褒美と思ってー」

ってニコってすすめてくるそのニコッの瞬間に両方の穴からひよって出るんです。

え、なんなの?飼ってるの?

エステすすめる前になんか他にやることあるんじゃね??

 

もうそれからはその子の鼻毛ばかりが気になって話なんて聞いてられませんでした。

とりあえず忙しいのでーとか適当なこと言って逃げてきたけれど。

 

言ってあげた方が良かったかしら

 

そんな私も家に帰り鏡見たら鼻毛出てた。やぁねぇ。


PR
[57] [56] [55] [54] [53] [52] [51] [50] [49] [48] [47]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
ヒロノ
性別:
女性
ブログ内検索
最古記事
リンク
一言メッセージ
心を満たすは甘いもの♪
来てくれてありがとう
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone