忍者ブログ
浮かんだストーリーとか。絵とか。日常とか。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

携帯のアラームが鳴った。
ベッドから起き上がりアラームを消すために携帯の『切る』ボタンを押した。長く押しすぎて携帯の電源が切れてしまった。今度は『通話』ボタンを押して携帯の電源を入れた。画面がゆっくり明るくなって携帯がいつもの壁紙を映し出した。

私は時刻を確認する。

時間は午後4時。
 
「ありゃりゃー、もうこんな時間か。ご飯食べる暇ないじゃんよー。」
 
私は独り携帯に話しかけ、急いでバイトに出かける用意に取り掛かった。
 
私が選んだ服は上がダボッとしたトレーナー、下はジーパン。
どうせバイト先までの短い距離だ。身なりなんて気にしない。テーブルの上に昨日置いたままにしてある黒色のゴムを手に取り二の腕辺りまである長い髪を鏡で確認しながら後ろで一本にギュッと束ねた。髪の毛が引っ張られたせいで元々細くてつり目がちな目が更に釣り上ってしまった。
 
「さてと。行くか。いってきまーーす。」
 
また私は部屋に響くくらいの大きな独り言を言い部屋を出た。
 
バイト先までの道程は単純だ。家を出て東の方へまっすぐ自転車を走らせる。しばらく進むと黄色い屋根に大きなタコの絵が描いてあるお店が見えてくる。そのお店の前を通り過ぎた先にある十字路を左に曲がる。そこから更にまっすぐ進むと私のバイト先が見えてくるのだ。
いつもその店を通り過ぎる時、醤油の焼けたような、それでいて甘いような香ばしいにおいが風に乗って私の鼻を刺激する。焼き鳥を焼いているのだ。店の屋根の上に目をやると、大きなタコが私を見下ろしていた。私はその大きなタコを見るたびに焼き鳥屋さんなのにどうしてタコの絵なの?と心の中でいつも話しかける。
 
お店を左に曲り、いよいよ『居酒屋 なごみ』が見えてきた。
今日は金曜日。きっと忙しいに違いない。

私は自転車のハンドルをぎゅっと握った。
PR

は、鼻がむずむずする…。
これはきっと昨日抜き残した鼻の毛さんの仕業だ…。

こういうのって一度気になるともうダメなのよねぇ。

書類作成しててもむずむず。
お客様とお話しててもむずむず。

トイレ行って引っこ抜こうと思って何度か試みたけどアイツ、とれないでやんの。
なに意地はってんだろう鼻子(突然命名)のやつ。

あ。わかった。
きっとあれだ、あの、ホレ、ツンデレ。

「べ、別に抜いて欲しいなんて思ってないんだからねっ!」

みたいな感じで鼻子ってばムキになっちゃってるんだ。

大丈夫だよ。怖くないよ。
抜いたらちゃんと柔らかいティッシュさんに包み込んであげるから。
ティッシュさん柔らかいぞぉ。赤ちゃんのほっぺたみたいに柔らかいぞぉ。


そんな事どうでもいいんだけど。なに鼻子とかって。
むずむずする。

今日は月曜日。
一週間の中で一番仕事をしたくない日。

前日、充実した日曜日だったりしたなら尚更行きたくない度アップ。

え?…うん。
そうなの。
昨日遊んだの。
友達と。

え?…うん。
すっごく楽しかった。

カラオケ行って、夜ご飯はお好み焼きともんじゃ焼きを食べたの。友達はね、もんじゃ焼きを食べるのが初めてで、とっても美味しいって感動してた。お好み焼きも美味しかった。二人ともあまりの美味しさに無言で食べたよ。お通夜みたいだったよ。
お好み焼きを食べた後は友達の家の前で日付が変わるまで色んなお話をした。話の内容は、あんな妄想やこんな妄想。お互いの妄想がメインだった。ていうか、妄想の話しかしてなかった。

そんな楽しい日曜日を過ごした次の日の月曜日。
嫌だよ。仕事したくないよ。

でももうすぐお昼ご飯の時間だし、別にいっか。
僕は冒険家だ。
自分で自分の事を冒険家だなんて言っちゃうのはちょっぴり恥ずかしいけれど、誰も言ってくれないから自分で言う事にした。

移動手段はもちろん徒歩!車なんて洒落たものはもってない。

今日の冒険先はどこにしよう。
それじゃ、いつもの様に紙飛行機とばしてみるよ。
紙飛行機の向かった先が目的地だ。

ぴゅーん。

おっと。今日は風が少し強いみたい。紙飛行機はあっという間に風に乗って遠くの方へ飛んでっちゃった。

よぉし。紙飛行機の指す方向へ進むぞ僕!

てくてく歩くと公園が見えてきた。その公園の水飲み場の辺りに女の子がぽつんと座っている。
何歳くらいかな?僕と同じくらいかな?
僕は女の子に近づいて
「ねぇねぇ何しているの?」
話しかけると女の子は
「お家がわからなくなっちゃったの」

これは大変だ。今はもう夕方!女の子が困っている!冒険家の僕が何とかしなければ。

「僕がお家までつれてってあげる」
「ほんとぉ?ありがとう!」
女の子は顔いっぱいに笑顔を作って喜んでくれた。僕ってもしかしたらいい人かもしれない。
「ところで君はどっちの方から来たの?」
「んーん。それがね、わからないの…」
これは困った。どこから来たのかもわからないなんて。
「それじゃぁさ、君のお家の周りには何か目印になる様なものは無かったかい?」
「うーん…。あっ!そぉいえば象さんのすべり台が近くにあった気がする!」
「他には?」
「んーん。わかんない」

象のすべり台…手がかりはこれだけか。これだけの手がかりだけで女の子の家を探し当てるなんて中々どうして難しい。
さてどうしたものかと僕は遠くの方へ目をやった。

ん?あれはもしかして…
「ねぇねぇ、もしかして、象のすべり台ってあれかい?」
僕は女の子の肩をたたき遠くの方を指差した。
公園の端のほう。斜め角の場所に象のすべり台があった。
「あっ!うんうんあれよ!わぁありがとう!!ここからなら私、歩いて帰れる。ありがとう!ありがとう!」

あぁ良かった。女の子はこれで無事にお家へ帰れる。ほんと、安心したよ僕。
「お礼にこれあげるっ!」
女の子はまたさっきの笑顔を僕に向けて自分のお尻の辺りからそれを差し出した。
「これは…紙飛行機じゃないか。」
「うん。私が困っていたらね、遠くの方から飛んできて私の足元に止まったの。それからしばらくしたら君がやってきて私のお家を探し出してくれたの。」
「そうか。それはよかった。それじゃぁ、僕がここに来ることは必然だったんだね。大事に紙飛行機持っててくれてありがとう。出会えて嬉しいよ僕」
「私も。ありがとう。ありがとう。」

今日の冒険は女の子とお家を捜す冒険だった。
僕の心は出発する前に比べてだいぶ軽い。

明日も冒険頑張ろう。
あ…雨降ってきた。
それもかなり激しい雨だ。

やだなぁやだなぁ。帰りたくないなぁ。
どこでもドアがあれば雨に濡れずに帰れるのになぁ。

雨、たくさん降ってる。

さっきまでの静かな時間があっという間に壊されてしまった感じだ。バシャバシャいってる。うるさい。

ごめんね、雨さん。うるさいけど好きだよ。
雨が降っている時の眠りがどれだけ気持ちがいいか私知ってる。
布団がひんやりしてさ、自分の体温でちょっとづつあったかくなっていく布団がすっごく気持ちいいんだよね。

私、さっき飴食べたよ。桃味の飴。
だから雨ふってきたのかなぁ。

桃色の雨が降ったら綺麗かも。
そんな事を考えていたらいつのまにか雨やんでた。
私は事務員!書類作成しまくりよ!
私に書類を作成させたら右に出るものはいないっ!嘘よ!こんなの誰だって出来るっ!

言われたことを言われたとおりにしか出来ないこんな世の中キックとパンチで壊してやるっ!

好きなことをして生きていけたらどれだけ幸せかしらっ!
楽しいことしかしない人生だったらどれだけ楽しいかしらっ!

でも事務員は思うの。
辛いことがある分楽しいことを楽しいって感じるんじゃないかしら…って!

だから今日も事務員は書類作成!
社長の文句は楽しいことの為の貯金だと思って頑張るわ!

頑張れ事務員!負けるな事務員!温泉でも行けばいいじゃん!!
桜はまだ咲かない。
心の糸は今にも切れそうで、とても苦しくて、せつない。

人の生きていく道にはどれ程の分岐点があるんだろう。それは自分にもわからない事だけれど、少しでもその道の過程に私が寝っ転がっていたり、座っていたりしていたら、ちょっとだけ声をかけてください。気が付かないようだったら、私からも声をかけるから。手をふるから。

少しでも、何メートルでも何センチでも、同じ時間を共有して、同じものを見て。

分かれ道で、バイバイしてもいいの。違う道だっていいの。
一緒にほんのちょっとでも過ごせたこと、それが今を生きる私の力。

今見ているものが違っても、一緒に見、感動し、心にうつったもの

それはいつまでも変わらない。
4月1日。春です。

これから出会う人、初めまして。

昔と変わらずお付き合いしてくれている人、これからもよろしく。

私も今日からスタートです。

ごあいさつでした。
[4] [5] [6] [7] [8] [9]
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
ヒロノ
性別:
女性
ブログ内検索
最古記事
リンク
一言メッセージ
心を満たすは甘いもの♪
来てくれてありがとう
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone