忍者ブログ
浮かんだストーリーとか。絵とか。日常とか。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今、僕は南に向かっててくてく歩いている途中だ。
あたり一面の雪景色、周りは真っ白。
だけど、てくてく歩いているうちに真っ白から黄色、そのうち緑、だんだんと景色がいろんな色の顔を見せ始めた。
もうちょっと、もうちょっとで着くはずだぞ。

てくてく歩き続けると、僕の瞳いっぱいに青、青、青。
「わぁ!海だ!」
僕は嬉しくなって駆け出した。

「こらこら、そんなに走っちゃ転んじゃうよ」

突然話しかけられて、僕は足をとめた。
ん?あれれ?この人はもしかして…
「おじいさん!」
「??」
僕の声におじいさんはびっくりした様子。

間違いない。この人は美味しいスープを飲ませてくれたおじいさんだ!
わぁ、嬉しいなぁ。後からちゃんと捜さなきゃって思ってたけど、まさかこんなに早く見つかるなんて。しかもおじいさんから声をかけてくれた!

「ごめんなさいおじいさん。僕、あなたの娘さんに会いに来たんだ。」
「私の娘にですか?すみません。娘は今ベッドで眠っていることでしょう。娘は重い病気にかかっています。起き上がる事もままならないでしょう。」
「それでもいいんだ。お願いおじいさん、娘さんに会わせてください。」
「はぁ。それは別にかまいませんが…それにしても不思議です。娘は一歩も家から出た事はありません。いつの間に君の様な可愛らしい男の子と友達になったのかな?」
「会うのはね、今日がはじめてなんだ!でも、とっても優しい娘さんて事だけはわかるんだ。」

僕とおじいさんは一緒にてくてく歩く。
歩く度に海が近づいてきて、僕の瞳にはもう、海しか見えない。

「ここが家です。何もない所ですがどうぞゆっくりしていってください。冷たいジュースをあげましょう。」
そう言って、おじいさんは家に案内してくれた。おじいさんの家は砂壁で出来ていて、壁を白いペンキで塗っていた。その白い壁が、すぐ近くの海の青色と混ざって、すごく綺麗。

「ありがとう!僕、ちょうどジュース飲みたいなぁって思ってたところだったんだ。それにしても、本当に海が近くにあるんだね。僕びっくりしちゃったよ」
「娘もこの海が大好きなんです。娘は奥の部屋にいると思いますのでどうぞ会ってやってください。」

僕はちょっぴり緊張して、部屋のドアをノックした。

コン、コン

「はぁい。」

わぁ。すっごく可愛らしい声。
「こんにちは」
そう言いながら僕はドアを開けた。

中に入ると、部屋の右角に少し大きめの机。その上には広げたままのノートとペン。
壁には何枚かの写真が飾られていて、左の角の方に白いベッド。
その上にちょこんと女の子が座っていた。布団いっぱいにパズルのピースを並べて考え込んでいた。

「あれ、寝てなくて大丈夫なの??」
「平気よ。わたし、元気だもの。それより、あなたはだぁれ?」
僕のほうを一度も見ずに、ピースを組み立てながら話しかけてきた。どうやら今は、パズルの枠を完成させるのに必死なよう。

「僕は、冒険家だよ。君に会いに来たんだ。」
「冒険家さん?わたし、そんなお仕事、知らない。それよりねぇねぇ、これ、手伝ってくれない?」

そう言って初めて女の子は僕のほうをみた。
女の子の瞳は綺麗な茶色で、髪の色も栗色。
見つめられて、ちょっぴり照れちゃった。

「うん。いいよ。一緒にパズルしよう」
「嬉しい!がんばって完成させましょ!」

顔いっぱいに笑顔をつくって女の子は喜んだ。
PR
[33] [32] [31] [30] [29] [28] [27] [26] [25] [24] [23]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
ヒロノ
性別:
女性
ブログ内検索
最古記事
リンク
一言メッセージ
心を満たすは甘いもの♪
来てくれてありがとう
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone